確認している不具合について【4月11日更新】

「DUEL MASTERS PLAY’S」をプレイいただき、誠にありがとうございます。

確認している不具合についてお知らせいたします。
お客様にはご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます。

【4月11日更新】
4月11日 16:50頃、修正内容の反映を実施いたしました。


今回対応した不具合

●シティバトル「勝太、決戦の日 中編」で、自分の《超九極 チュートピア》がバトルゾーンにいる状況で、CPUが進化クリーチャーをバトルゾーンに出そうとした際、進行不能が発生する。

●バトルゾーンに対戦相手の《恐龍界樹 ジュダイオウ》がいる状況で、自分のパワー4000以下のクリーチャーの攻撃中に、他カードの能力や効果でそのクリーチャーを進化元にして進化クリーチャーをバトルゾーンに出した場合、進化クリーチャーに《恐龍界樹 ジュダイオウ》の「相手のパワー4000以下のクリーチャーが攻撃する時」の効果が適用されない。

●《時空の賢者ランブル》(PR)の「覚醒」の効果でカードを選択した際の演出に一部誤りがある。

●《夢幻大帝ネロ・ソムニス》の「マナ武装 5」の条件を満たしている状況で、闇のサイキック・クリーチャーまたはドラグハート・クリーチャーが破壊された際、《夢幻大帝ネロ・ソムニス》の「マナ武装 5」の効果が2回発動する。



以下の不具合を確認しております。

今回確認した不具合

●攻撃中のクリーチャーを進化元として進化クリーチャーをバトルゾーンに出した場合、常在型能力が正しいタイミングで適用されない。


———————————————————————————————————————————————————

対応済みの不具合

●ルームマッチ画面で、「ルーム設定」で「先攻と後攻をランダムに決定」以外に設定している状況で、デュエル中に中断復帰した場合、デュエル終了後に「ルーム設定」が「先攻と後攻をランダムに決定」に変更される。さらに、ゲスト側や観戦者側のプレイヤーのみ中断復帰した場合、その後ルームマッチ画面で「準備完了」を選択した後に中断復帰する前の設定に変更される。

●バトルゾーンに対戦相手の《偽りの王 ヴィルヘルム》がいる状況で、自分が《龍覇 ワルボロフ》を召喚し、召喚の際に《龍覇 ワルボロフ》の「このクリーチャーを召喚する時」の効果で召喚コストを2少なくしていた場合、《龍覇 ワルボロフ》の「バトルゾーンに出た時」の効果の適用前に、対戦相手の《偽りの王 ヴィルヘルム》の「相手のカードがどこからでも墓地へ置かれた時」の効果が適用される。

●《龍覇龍 デッドマン=THE END》の「バトルゾーンに出た時」の効果などのクリーチャーを破壊してその数を参照する効果のカウントの対象に、「破壊されない」もしくは「バトルゾーンを離れない」効果を持つクリーチャーが含まれない。

●特定の状況で、《龍覇龍 デッドマン=THE END》の「バトルゾーンに出た時」の効果で破壊したクリーチャーの種族が正しく参照されない。

●特定の状況で《トンギヌスの槍》を唱えた際、シールドがシールドゾーンを離れる時に発動する置換効果が発動しない。

●《聖英雄 ゴール・ド・レイユ》を含むクリーチャーが同時に複数破壊される状況で、《聖英雄 ゴール・ド・レイユ》の効果によってかわりに破壊されるクリーチャーと同じパワーのクリーチャーに対して、正しく《聖英雄 ゴール・ド・レイユ》の効果が適用されないことがある。

●《聖英雄 ゴール・ド・レイユ》を含むクリーチャーが同時に複数破壊される状況で、バトルゾーンを離れない効果を持っているクリーチャーがいる場合、《聖英雄 ゴール・ド・レイユ》の効果が適用されてしまう。
(《聖英雄 ゴール・ド・レイユ》のみでなく、自身以外のクリーチャーが破壊されたもしくはバトルゾーンを離れた時の置換効果を持つクリーチャーで同様の症状が発生します)

●《バザガベルグ・疾風・ドラゴン》の「バトルゾーンに出た時」の効果を発動させた後、その適用までの間に《バザガベルグ・疾風・ドラゴン》を進化元として進化クリーチャーをバトルゾーンに出した場合、その効果が適用されない。

●特定の状況において、《不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ》の「マナ武装7」の条件を満たしていない状態でエフェクトが表示される。

●「光臨」の効果でバトルゾーンに出す対象を選択する際に制限時間を超えた場合、強制的にクリーチャーがバトルゾーンに出る。

●《天守閣 龍王武陣》の「自分の山札の上から5枚を見る。その中から火のクリーチャー1枚を公開し、そのパワー以下の相手のクリーチャー1体を破壊してもよい。」効果の対戦相手のクリーチャーを選択する画面でクリーチャーを未選択の場合、「OK」ボタンが選択可能にならない。

●特定の状況で、指定された種族が破壊される時にかわりに自身を破壊する置換効果が正しく適用されない。

●《守護聖天タース・ケルケルヨ》と複数のガーディアンが同時に破壊される場合、《守護聖天タース・ケルケルヨ》の「自分の他のガーディアンが破壊される時」の効果が発動しない。

●特定の状況で、「破壊される時にかわりにマナゾーンに置く」を持つマナ進化もしくはマナ進化GVクリーチャーが破壊された際、使用可能マナが正しい量増加しない。

●《疾封怒闘 キューブリック》の「このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれた時」の効果の対象として、対戦相手の「相手のクリーチャーの能力によって選ばれない」能力を持つクリーチャーを選択できない。

●《疾封怒闘 キューブリック》の「このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれた時」の効果の対象として、対戦相手の《ケンゲキオージャ ~究極火焔~》を選択した場合、《ケンゲキオージャ ~究極火焔~》の「相手の呪文の効果または相手のクリーチャーの能力によってバトルゾーンを離れる時」の効果が発動する。

●バトルゾーンに対戦相手の《時空の喧嘩屋キル》もしくは《巨人の覚醒者セツダン》とサイキック・クリーチャーがいる状況で、自分の《疾封怒闘 キューブリック》の「このクリーチャーがどこからでも自分の墓地に置かれた時」の効果の対象として、対戦相手のサイキック・クリーチャーを選択した場合、《時空の喧嘩屋キル》もしくは《巨人の覚醒者セツダン》の「相手の呪文の効果または相手のクリーチャーの能力によって、自分のサイキック・クリーチャーが手札に戻される時」の効果が発動する。

●《アクア・メルゲ》がバトルゾーンにいる状況で、《龍魂教会 ホワイティ》《龍魂要塞 ブルニカ》《龍魂宮殿 ブラックロ》《龍魂城閣 レッドゥル》《龍魂遺跡 グリーネ》のいずれかのドラグハート・フォートレスが「スーパー龍解」する際、「極真龍魂」の効果で他のドラグハートとリンクしていた場合、《極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド》の「龍解した時」の効果の適用前に、《アクア・メルゲ》の「自分のターン中」の効果が適用される。

●《侵攻する神秘 ニガ=アブシューム》もしくは《五邪王 ニガ=ヴェルムート》がドラゴンと同時に破壊された際の挙動に誤りがある。

●自身以外のクリーチャーが破壊される時もしくはバトルゾーンを離れる時かわりに自身を破壊する置換効果を持つクリーチャーと、置換効果の対象である「破壊されない」または「離れない」効果を持つクリーチャーが同時に破壊された場合、置換効果を持つクリーチャーが破壊されない。

●バトルゾーンに「自分のシールドゾーンにカードが置かれた時」の効果をもつクリーチャーとナイトがいる状況で、《魔弾プラス・ワン》を唱えて「ナイト・マジック」の効果により山札のカードを合計2枚シールド化した際、「自分のシールドゾーンにカードが置かれた時」の効果が1回しか発動しない。

●クリーチャーが破壊される時の置換効果を持つクリーチャーとその置換効果の対象となるクリーチャーが、自分のクリーチャーを破壊するカードの効果で同時に破壊される際、置換効果が正しく適用されない場合がある。

●「バトルゾーンに出た時」に「各ターン中1回のみ発動する」効果を持つ自分と対戦相手のクリーチャーが同時にバトルゾーンに出た際、自分の「バトルゾーンに出た時」に「各ターン中1回のみ発動する」効果を持つクリーチャーの「バトルゾーンに出た時」の効果が発動しない。

●メインストーリーのデュエル勝利後のADV画面で中断した場合、復帰後にメインストーリー画面に遷移した際、クリア済みの話が選択された状態の表示となる。

●メインストーリーのいずれかの話を初めてクリアした後再度同じ話で対戦を行った場合、初めてクリアした時に表示される初回クリア報酬のウィンドウが、2度目の対戦後にも表示される。

●「破壊される時にかわりにマナゾーンに置く」効果を持つ「マナ進化」もしくは「マナ進化GV」クリーチャーが破壊されマナゾーンへ移動する際の演出中、マナゾーンの文明・使用可能マナ・最大マナ数の表示が正しく表示されない場合がある。

●《インビンシブル・フォートレス》をシールドゾーンから手札に加える際、他カードの「S・バック」もしくは「スーパーS・バック」の効果で《インビンシブル・フォートレス》を捨てた場合、自分のシールドゾーンに《インビンシブル・フォートレス》によるシールド破壊演出が再生される。

●《極上神プロディジー》のテキスト欄に表示される文明のアイコンに誤りがある。

●クリーチャーが持つ効果を付与する効果の簡易詳細ウィンドウが表示されない場合がある。

●ドラグハート・クリーチャーの持つ効果が発動した後、適用までの間にそのドラグハート・クリーチャーがバトルゾーンを離れ超次元ゾーンへ移動した場合、バトルログが正しく表示されない場合がある。

●《超次元シャチホコ・ホール》を唱えた後の次の対戦相手のターン中に、自分のエイリアンに攻撃されないエフェクトが表示されない。

●カード交換画面で「NEW」バッジがすべて消えている状態の時に、ホーム画面の「カード交換」のパネルに「NEW」バッジが表示される場合がある。

●《超九極 チュートピア》と《機術士ディール》を用いた特定の状況で、進行不能となる。

●特定の状況で、対戦相手のターン中に《復讐 チェーンソー》の「バトルゾーンに出た時」の手札を捨てる効果で《蒼神龍バイケン》などの「相手のターン中に自分の手札から捨てられる時、かわりにバトルゾーンに出す」効果を持つクリーチャーをバトルゾーンに出した場合、進行不能となる。

●《超九極 チュートピア》と《爆熱剣 バトライ刃》もしくは《爆熱天守 バトライ閣》を用いた特定の状況で、進行不能となる。

●「メテオバーン」の効果で「革命0トリガー」の効果を持つ呪文を唱えた場合、進行不能となる。

●バトルゾーンに対戦相手の《豪勇者「猛攻の面」》がいて、《豪勇者「猛攻の面」》の「マナ武装 5」の条件を満たしていない状況で、対戦相手の自然のクリーチャーが攻撃してきた際、そのクリーチャーよりパワーが低いクリーチャーでブロックできない。

●《ガチャンコ ガチロボ》の「バトルゾーンに出た時または攻撃する時」の効果で山札から表向きにした3枚のカードにバトルゾーンに出ることが制限されている(バトルゾーンに既に同名称のカードがあるなど)エグザイル・クリーチャーが含まれてる場合、そのエグザイル・クリーチャーを除いたカードをバトルゾーンに出せる場合がある。またその後、エグザイル・クリーチャーが山札の下ではなく上に移動する。

●バトルゾーンに《超九極 チュートピア》とコスト9の光のクリーチャーがいて、自分の手札にバトルゾーンにいる自分の光のコスト9のクリーチャー以上の数の光のコスト9のカードがある状況で、《超九極 チュートピア》とコスト9の光のクリーチャーが同時にバトルゾーンを離れる際、《超九極 チュートピア》の「自分の、パワーが0より大きい光のコスト9のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時」の効果が正しく適用されない。

●《真紅の精霊龍 レッドローズ》の「マナ武装 3」の条件を満たしている状況で、手札に進化でない光のコスト4以下のクリーチャーがある場合、《真紅の精霊龍 レッドローズ》の「バトルゾーンに出た時」の効果の適用前に「マナ武装 3」の対象選択画面が表示される。

●《龍覇 ワルボロフ》の「このクリーチャーを召喚する時」の効果で《龍覇 ワルボロフ》のコストを軽減してバトルゾーンに出した際に他カードの効果や能力などによってバトルゾーンから他のゾーンに移動した場合、《龍覇 ワルボロフ》が移動先のゾーンから再度バトルゾーンに出る。

●特定の状況で《夢幻大帝ネロ・ソムニス》の「攻撃する時」の効果の墓地に置くシールドを選択する画面で、特定の操作を行った場合、一定時間操作不能となる。

●「攻撃する時、攻撃の後、このクリーチャーを破壊する」効果を持つクリーチャーが攻撃を行い、その攻撃中に「侵略」などでそのクリーチャーを進化元とする進化クリーチャーがバトルゾーンに出た場合、攻撃の後、「攻撃する時、攻撃の後、このクリーチャーを破壊する」効果が適用されない。

●バトルゾーンに対戦相手の《勝利の覇闘 ガイラオウ》がいて、対戦相手のシールドの数が0の状況で、《武闘将軍 カツキング》で対戦相手を攻撃した際、対戦相手が《勝利の覇闘 ガイラオウ》の「各ターン、初めて自分が攻撃された時」の効果で《武闘将軍 カツキング》と《勝利の覇闘 ガイラオウ》をバトルさせ、また、「革命0トリガー」で《革命の鉄拳》を唱えた場合、バトルの後《武闘将軍 カツキング》の「∞パワーアタッカー」の効果が消え、《革命の鉄拳》で参照される《武闘将軍 カツキング》のパワーが元のパワーとなる。

●バトルゾーンに自分の《墓守の鐘ベルリン》と《超九極 チュートピア》がいる状況で、対戦相手のカードの効果・能力・呪文により、自分のパワーが0より大きい光のコスト9のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時に《超九極 チュートピア》の「自分の、パワーが0より大きい光のコスト9のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時」の効果で手札のカードを捨てた際、《墓守の鐘ベルリン》の「相手のカードの能力または効果によって自分の手札が捨てられた時」の効果が発動しない。

●《超戦龍覇 モルトNEXT》の「龍マナ武装 5」の条件を満たしている状況で、《超戦龍覇 モルトNEXT》が攻撃の後「龍マナ武装 5」の効果適用までの間に進化した場合、その効果が適用されない。

●シティバトル「エレナの特別教室 後編」のCPUが使用するデッキ内容に一部誤りがある。

●《究極・チャージャー》を唱えた際に手札に加えるカードが、対戦相手に公開されない。

●《究極・チャージャー》のテキストに誤りがある。


誤)自分の山札の上から1枚目を見る。
正)自分の山札の上から1枚目を表向きにする。

●《偽りの名 ボーン》《夢見ごこちなホワイト教授》《龍素記号Mm スペルサイケデリカ》のテキストに誤りがある。

誤)各ターン1回のみ
正)各ターン中1回のみ


———————————————————————————————————————————————————

確認している不具合

●マナゾーンにある「チャージャー」の効果を持った呪文を唱え、そのカードが「チャージャー」効果により再度マナゾーンへ移動した際、《護聖妖精トビ・ゴンゴン》の「自分のマナゾーンにカードを置いた時」の効果が発動する。また、使用可能マナが1点回復する。

●《超獣軍隊 ゲリランチャー》の「相手のターン中」の「相手のクリーチャーは可能ならこのクリーチャーを攻撃する」効果のエフェクトに誤りがある。

●自分のターン中のバトルで、自分のクリーチャーの「破壊された時」の効果と対戦相手のクリーチャーの「バトルに勝った時」の効果が同時に発動した際、自分のクリーチャーの「破壊された時」の効果の適用前に対戦相手のクリーチャーの「バトルに勝った時」の効果が適用される。

●バトルゾーンに対戦相手の《超九極 チュートピア》がいる状況で、自分の《暗黒の騎士隊長ZAGAAN》の「バトルゾーンに出た時」の効果および《希望のファンクラップソディ》の「初めて自分のハンターまたはエイリアンが破壊された時」の効果で手札からバトルゾーンにクリーチャーを出せない場合がある。

●バトルゾーンに対戦相手の《超九極 チュートピア》がいる状況で、自分のクリーチャーの、手札を含む複数のゾーンからクリーチャーをバトルゾーンに出す効果の対象として、手札以外のゾーンのクリーチャーを選択できる場合がある。また、そうしてバトルゾーンに出したクリーチャーのアイコンが透明になる。

●バトルゾーンに対戦相手の《超九極 チュートピア》がいる状況で、強制効果によって手札以外のゾーンからクリーチャーをバトルゾーンに出そうとした場合、バトルログに「バトルゾーンに出た」旨のログが表示される。
(《デュエマの鬼!キクチ師範代》がバトルゾーンにいる状況でも同様の症状が発生します。)

●手札に《革命魔王 キラー・ザ・キル》が複数枚ある状況で、そのうち1枚の《革命魔王 キラー・ザ・キル》をバトルゾーンに出し、「革命2」の効果を発動した際、手札に残っている《革命魔王 キラー・ザ・キル》の強化エフェクトが消えない。

●カード一覧画面で「多色」といずれかの文明タブを選択した際、選択した文明に一致しないカードが表示される。

●《偽りの名 ゾルゲ》がバトルゾーンにいる状況で、クリーチャーをバトルゾーンに出し、《偽りの名 ゾルゲ》の「自分のクリーチャーがバトルゾーンに出た時」の効果で他の自分のクリーチャーとバトルさせた場合、進行不能となる場合がある。

●バトルゾーンに《電磁無頼アカシック・サード》が2体(A・B)いる状況で、《電磁無頼アカシック・サード》Aの「バトルする時」の効果でバトルゾーンに出たクリーチャーが《偽りの名 ゾルゲ》の「自分のクリーチャーがバトルゾーンに出た時」の効果で《電磁無頼アカシック・サード》Bとバトルする場合、《電磁無頼アカシック・サード》Bの「バトルする時」の効果が発動しない。

●自分のターン開始時に《時空の悪魔龍 ディアボロス ZZ》の「覚醒」の効果で墓地に置く対象としてバトルゾーンにいる《神羅スカル・ムーン》と他のクリーチャーを選択した場合、《神羅スカル・ムーン》の「各ターン、初めて自分の他のクリーチャーが破壊される時」の効果が発動しない。

●バトルゾーンに《百発人形マグナム》がいる状況で、自分の墓地にある「リサイクル」の効果を持つ呪文を唱えた場合、《百発人形マグナム》の「プレイヤーが各ターン、初めてマナコストを支払わずにクリーチャーまたはクロスギアをバトルゾーンに出した時または呪文を唱えた時」の効果が発動する。

●バトルゾーンに対戦相手の《死海竜ガロウズ・デビルドラゴン》がいる状況で、自分の墓地にある「リサイクル」の効果を持つ呪文を唱えた場合、呪文の効果が適用されず、発動エフェクトも表示されない。

●特定の状況で、対戦相手の《雷撃闘槍 ブリターニュ》の「バトルゾーンに出た時」の効果の対象として、特定の種族が墓地に置かれる時の置換効果を持つクリーチャーと置換効果の対象となる種族を選択した場合、対戦相手の《雷撃闘槍 ブリターニュ》の「バトルゾーンに出た時」の効果が正しく適用されない。

●バトルゾーンに対戦相手の《超九極 チュートピア》がいる場合、自分の「ルナティック進化」の効果を持つクリーチャーの「ルナティック進化」を実行するボタンが、使用可能マナが「ルナティック進化」に必要な量ある状況でも表示されない。

●「ドロン・ゴー」の効果を持つクリーチャーが複数バトルゾーンに出ている特定の状況で、「ドロン・ゴー」の効果が正しい順で適用されない。

●《時空の斬将オルゼキア》がバトルゾーンにいる状況で、ターン中に種族にデーモン・コマンド以外のコマンドを含むクリーチャーが破壊された場合、ターン終了時に《時空の斬将オルゼキア》が「覚醒」する。

●《大邪眼B・ロマノフ》の「メテオバーンX」の効果で墓地に置くカードを選択する画面の上部のテキストに誤りがある。

●一部カードの、指定された枚数のカードを山札から他のゾーンに移動し「そうした場合、●●」のように続く記載のある効果が、山札のカードが指定された枚数に満たない場合に発動する。


その他の不具合に関しましても、引き続き調査、対応を進めて参ります。
アプリのバージョンアップが必要な不具合に関しましては、審査などで対応にお時間をいただく場合がございます。修正まで今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

お客様には多大なるご迷惑をおかけしていることを、重ねて深くお詫び申し上げます。

上記以外の動作や表示において不具合を見つけられた場合は、お手数ですが、アプリ内の「その他>サポート>お問い合わせ」または、「タイトル>MENU>お問い合わせ」よりお問い合わせください。


今後とも、「DUEL MASTERS PLAY’S」をよろしくお願いいたします。