TAKARATOMY

さがす
English

ユーザーアンケート実施中!

【重要なお知らせ】ランクマッチの新フォーマットについて

12月10日から開催されるランクマッチより、『New Division』(ニュー・ディビジョン)と『All Division』(オール・ディビジョン)の2つのフォーマットが登場します。
各フォーマットで、使用可能なカードが異なります。

New Division

New Division:6つの最新弾カードパック一部の商品に収録されているカードBASICカードが使用できる、新しいフォーマット。

★【6つの最新弾カードパック】とは、下記の商品を指します。
-DMPP-07カードパック発売時-
・DMPP-02カードパック『伝説の再誕』
・DMPP-03カードパック『英雄の時空』
・DMPP-04カードパック『混沌の軍勢』
・DMPP-05カードパック『永遠の戦禍』
・DMPP-06カードパック『超獣の転生』
・DMPP-07カードパック『???』

※DMPP-07カードパックの発売に伴い、DMPP-01カードパック『超獣の始動』に収録されているカードは、一部の商品に収録されているカードを除きNew Divisionでは使用できなくなります。
※使用できるカードは、カードパックの商品ID「DMPP-●●」の●●部分(ID番号)を参照します。今後新しいID番号のカードパックが登場する度、ID番号が小さいカードパックから順に使用できなくなります。

★【一部の商品に収録されているカード】とは、下記の商品に収録されているカードを指します。
・12月中旬発売予定の「デッキビルダー」商品
・12月下旬発売予定の周年記念商品
上記商品に収録されたカードは、【6つの最新弾カードパック】への収録有無に関わらず、発売してから翌年の同時期に発売予定の同系統の商品が発売されるまでの約1年間、New Divisionで使用することができます。

※商品IDが「DMPD-●●」である構築済みデッキは【一部の商品に収録されているカード】に含まれません。
「DMPD-●●」商品に収録されているカードは【6つの最新弾カードパック】または上記の【一部の商品】への収録有無を参照して、使用の可否が決まります。

例)DMPD-01構築済みデッキ『聖霊王降臨』に収録されている《光輪の精霊 ピカリエ》は、DMPP-01カードパック『超獣の始動』に収録されたカードのため、構築済みデッキの発売時期に関わらず、DMPP-07カードパックが発売されたタイミングでNew Divisionで使用することができなくなります。
なお、該当のカードが【一部の商品に収録されているカード】の対象となっている場合は、New Divisionで使用可能な期間が異なりますのでご注意ください。

※各種PRカードは、PRカードの登場時期ではなく、【6つの最新弾カードパック】または上記の【一部の商品】への収録有無を参照して、使用の可否が決まります。

例)2020年6月に開催された第3回レジェンドバトル「白き騎士の来訪」の報酬として配布された《光輪の精霊 ピカリエ》(PR)は、元はDMPP-01カードパック『超獣の始動』に収録されたカードのイラスト違いのもののため、PRカードの配布時期に関わらず、DMPP-07カードパックが発売されたタイミングでNew Divisionで使用することができなくなります。
なお、該当のカードが【一部の商品に収録されているカード】の対象となっている場合は、PRカードか否かは問わず、New Divisionで使用可能な期間が異なりますのでご注意ください。

All Division

All Division:全てのカードを使用できる、現在と同様のフォーマット。

※どちらのフォーマットも、DP殿堂に指定されたカードは1枚しかデッキに編成できません。

シーズン開始時のランクについて

それぞれのフォーマットにおいて、12月10日から開催されるランクマッチのシーズン開始時のランクは、以下のとおりです。

New Division: 12月10日以前に最後に参加したランクマッチの時期と最高到達ランクに応じて決定されます。

All Division: New Divisionで決定されたランクと同じランクになります。

※シーズン終了時の報酬は、
 ①各フォーマット毎のシーズン最高到達ランクによる報酬
 ②どちらかのフォーマットのシーズン最高到達ランクによる報酬
それぞれを設けております。
※新フォーマット追加後は、フォーマット毎にシーズン最高到達ランクに応じて、次シーズン開始時のランクが決まります。

注意事項

※期間や内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

今後とも、「DUEL MASTERS PLAY’S」をよろしくお願いいたします。