TAKARATOMY

さがす
English

確認している不具合について【9/16追記】

「DUEL MASTERS PLAY’S」をプレイいただき、誠にありがとうございます。

確認している不具合についてお知らせいたします。
お客様にはご迷惑をおかけしておりますことを、深くお詫び申し上げます。


対応済みの不具合

●特定の条件下において、《西南の超人》が破壊されないことがある。

「クロスギア」をクロスした状態の《維新の超人》と《西南の超人》が同時に破壊される際、《維新の超人》にクロスした「クロスギア」は墓地に置かれるが、《西南の超人》の能力が発動せず、破壊されない。

●特定の条件下において、《維新の超人》の能力が解決されず、進行不能になることがある。

マナゾーンに「クロスギア」がある状態で《維新の超人》がバトルゾーンに出た際、マナゾーンから「クロスギア」を探索してバトルゾーンに出す前に《維新の超人》が破壊されてしまうと、クロスできずに進行不能になる。

●特定の条件下において、破壊時に《封魔魂具バジル》や《電磁傀儡ポワワン》の能力の一部が発動しないことがある。

バトルゾーンに相手の《封魔魂具バジル》または《電磁傀儡ポワワン》のみ出ている時、自分の「対象を選択する効果を2つ持つ」呪文により相手のクリーチャーを破壊すると、破壊された時の能力の一部が発動していない。

●特定の条件下において、《五元の精霊プラチナム》の能力発動の条件を満たせなくなった時、進行不能になることがある。

バトルゾーンに自分の《五元の精霊プラチナム》と自分の5文明すべてのクリーチャーが出ている、かつ、山札の枚数が0の時、相手のターン中に《五元の精霊プラチナム》の「相手のターン中、バトルゾーンに自分の5文明すべてがあるなら、自分はゲームに負けない。」能力の発動条件を満たせない状態になると、進行不能になることがある。

●特定の条件下において、《アシガ・ルピア》の能力が発動しないことがある。

自分の《アシガ・ルピア》がバトルゾーンに出ている状態で相手が攻撃を行った時、その際に、シールドを墓地に置く処理が複数回行われると、《アシガ・ルピア》の能力が1回しか発動しない。

———————————————————————————————————————————————————

確認している不具合

●「クロスギア」をクロスする際、ショートカットキーを使用すると、クロス演出が表示されず、その後、自分のクリーチャーが攻撃を行うと、「クロスギア」が消失する。

※ショートカットキーは一部のOSのみ使用可能となります。



その他の不具合に関しましても、引き続き調査、対応を進めて参ります。
アプリのバージョンアップが必要な不具合に関しましては、審査などで対応にお時間をいただく場合がございます。修正まで今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

お客様には多大なるご迷惑をおかけしていることを、重ねて深くお詫び申し上げます。

上記以外の動作や表示において不具合を見つけられた場合は、お手数ですが、アプリ内の「その他>サポート>お問い合わせ」または、「タイトル>MENU>お問い合わせ」よりお問い合わせください。

今後とも、「DUEL MASTERS PLAY’S」をよろしくお願いいたします。