TAKARATOMY

さがす
English

8月26日メンテナンス時のカード能力および使用可能枚数の変更について

デュエル・マスターズ プレイス運営チームからお知らせいたします。

いつも「DUEL MASTERS PLAY'S」をプレイいただき、誠にありがとうございます。
8月26日のメンテナンスにて、カード能力の調整を行わせていただきます。
変更内容は以下の通りです。

一部カードに種族追加

新種族の追加にともない、下記のカードに新たに「サムライ」または「ナイト」の種族を追加いたします。
追加にあわせて、カードのテキスト表記も変更いたします。

種族「サムライ」が追加になるカード
《アシガ・ルピア》
《闘龍鬼ジャック・ライドウ》
《ボルメテウス・武者・ドラゴン》
《ボルシャック・大和・ドラゴン》
《エルメテウス・雷撃・ドラゴン》
《モノノフ・ルピア》
《西南の超人》
《薩摩の超人》
《突然の超人》
《ムシャ・ルピア》

種族「ナイト」が追加になるカード
《爆獣ダキテー・ドラグーン》

カード能力および使用可能枚数の変更内容及び経緯


8月上旬から中旬にかけてランクマッチの対戦データを集計し、分析いたしました。

《魂と記憶の盾》を使用したデッキは、New Divisionにおいて、使用率31.2%、勝率49.3%。All Divisionでは、使用率27.2%、勝率47.9%でした。
フォーマットを問わず、特に光と水の含まれるコントロールデッキにおいて高い使用率を誇り、1つのデッキあたりの採用枚数も多いことを確認しております。
この数値は今後も高い水準で推移すると予想される為、ランクマッチの流動性に対する影響が懸念されます。

一方、《龍仙ロマネスク》の使用率は、第9弾エクストラカードパック発売以降、想定を下回る結果となりました。
今後登場予定のカードや能力との組み合わせを加味して検討した結果、この機会にこのカードに上方修正を実施する必要があると判断しました。

上記のことから、下記2枚の使用可能枚数及びカード能力を変更する必要があると判断いたしました。

変更内容
《魂と記憶の盾》
DP(デュエプレ)殿堂に指定。(DP殿堂に指定されたカードは1枚しかデッキに編成できません)

《龍仙ロマネスク》
[変更前]
■自分のターン終了時、自分のマナゾーンからランダムなカード1枚を墓地に置く。

[変更後]
■自分のターン終了時、自分のマナゾーンからクリーチャーを探索し、1枚を墓地に置いてもよい。そうしなかった場合、自分のマナゾーンからランダムなカード1枚を墓地に置く。

変更に伴う補償

上記の調査結果に伴い、8月26日(木)に実施予定のメンテナンスにて、該当カードの能力変更及び使用可能枚数変更、《魂と記憶の盾》を分解したときに得られるDMポイントの数値を一定期間変更いたします。

補償内容
分解時に獲得できるDMポイントの数値を、補償期間中、以下に変更させていただきます。

《魂と記憶の盾》
ノーマル:200P → 800P
プレミアム:550P → 800P

※《龍仙ロマネスク》は上方修正となるため、DMポイントの数値変更による補償は行いません。

補償期間
2021年8月26日(木)メンテナンス終了後 ~ 2021年9月16日(木)メンテナンス開始まで
※補償期間終了後、分解時に獲得できるDMポイントは元の数値に戻りますので、あらかじめご了承ください。
※9月16日のメンテナンスにつきましては、変更する可能性がございます。変更がある場合、改めて日程をご案内させていただきます。

これからのゲームバランス及び対応について

今後について
これからも皆様により良いゲームバランスをご提供し続けるべく、対戦データの集計と分析を今後も実施してまいります。ゲームバランスを調整する為、必要に応じてカード能力変更などの対応を行う場合がございます。下方修正となる場合は、当該カードを分解した時に獲得できるDMポイントの数値変更によって補償いたします。

皆様に楽しんでいただけるゲームバランスを維持できるよう注力してまいりますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

今後とも、「DUEL MASTERS PLAY’S」をよろしくお願いいたします。